便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘について

便秘とはどのような状態

女性の悩みの代表ともいえるのが便秘です。便秘とは排便が数日間なく、例え排便があっても少量でなおかつ硬い便である状態を意味します。便秘が起こる原因は様々ですが、直接的な原因は腸の運動が弱まり便が腸内に長期間停滞することです。便秘症状が進行すると腹痛だけでは済まず、肌荒れ、痔、冷え性、胸約などの不快な症状を現わすようになるのです。たかが便秘と思ってはいけません。重症化させない努力が必要なのです。

便秘とは?
排便が数日間ない状態や、出ても少しだけで便が硬くコロコロしている状態を一般的に便秘と言っています。
便秘は腸がどんな状態
便の移動に必要な収縮運動が弱まることで、便が腸に長時間留まっている状態です。
便秘から起こる症状
便秘が原因となり起こる症状は肌荒れ、痔、冷え症、胸やけなどが考えられます。
腸内細菌について
腸内に移動してきた食物を分解・発酵させ便やガスを作り出す役割を持っています。細菌には有用な働きをする善玉菌と腹気をする悪玉菌が存在します。
便秘とおならの関係
便秘の時はおならも独特の臭いになります。ここでは便秘とおならの関係についてご紹介します。
便秘に良いツボってあるの?
便秘対策の一つにツボ押しがあります。具体的にどのような部分にあるのかをご紹介します。

排便と大腸のしくみ

便秘の解消には排便と大腸のしくみを理解することが必要になります。食物は唾液や胃液によって消化されながら腸へ移動します。腸は筋肉の収縮運動によって肛門側へ便を移動させていくのです。この際、栄養や水分、塩分を血中に取り込んでいきます。また、腸の働きには自律神経が深く関係しており、交感神経が優位になり続けると便秘になると言われています。不規則な生活はなるべく避け、副交感神経が優位になるように注意しましょう。

排便のしくみ
食物は消化されながら腸へ移動し、その後腸の収縮運動によって肛門へと送り出されるのです。
便秘と自律神経の関係
腸の働きと自律神経には深い関係性があります。不規則な生活が便秘になりやすいのはこの関係性があるためです。
停滞腸について
腸の動きが鈍ってる状態です。排便があっても量が少ない、すっきり感がない、張りや不快感がある人を指しています。
大腸の構造
小腸から続く最後の消化管で1.5mほどの長さがあります。水分や塩分を血液中に取り込む働きを持っています。
大腸の運動
大腸内は筋肉の収縮を繰り返す蠕動運動や分節運動によって便を肛門側へ送り出しているのです。

Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。