便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘について便秘は腸がどんな状態?

便秘は腸がどんな状態?

便が硬くなったり、数日たっても便が出てこないと、その時の腸の働きはどのようになっているのでしょうか?

正常な腸の状態では・・・

腸の働きが正常な場合は、大きな便が腸内にあると腸壁の筋肉を刺激し、収縮運動がおこります。
その結果、スムーズに便が運ばれていきます。

また、便に含まれている水分を腸が程良く吸収するため、大きくて柔らかい便となります。
柔らかい便のため、排便することも容易です。

便秘が起こっている腸の状態では・・・

まず便が小さいため、腸壁を刺激することがうまくいかず、収縮運動が弱くなってしまいます。
そのため、便が結腸にとどまる時間が長くなってしまいます。

さらに、便が留まる時間が長くなると、便から水分がどんどんと吸収されていき硬く乾燥してしまいます。そうなると便の大きさもさらに小さくなり、ますます排便することが難しくなってしまいます。

要するに便秘の時に小さくてコロコロした便が出る時は腸の状態は、上記でご紹介したような状態になっています。
便が小さいほど排便が難しくなるという、悪循環のスパイラルへ突入してしまいますね。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。