便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘について便秘とおならの関係

便秘とおならの関係

おならって何?

普通、口から吸い込んだ空気と言うのは、呼気などで排出されるのですが、排出されない空気が大腸まで達するとおならとして排出されます。
ただ吸い込んだ空気が排出されるだけなら、もちろん臭くはありません。しかし、おならをすると「臭い」と感じることもあるでしょうし、おならは初めから臭いものだと思っている方も多いのではないでしょうか。実は、おならが臭いのは腸内環境が原因になっています。

おならはなぜ臭くなる?

よくお芋など炭水化物をたくさん含んでいる食材と食べ過ぎると、おならが臭くなるといいます。
しかし、これは間違いで、おならを臭くしているのはお肉です。

肉と言うのは、腸内の悪玉菌を増やして、便が正常に排出されないようにしてしまいます。すると、腸内に便が溜まる、いわゆる便秘になってしまうのですね。

腸内環境とおならの関係

腸内環境は、善玉菌と悪玉菌の割合によって良くなったり悪くなったりします。
おならが臭くなるのは、アンモニアなどの有害物質を発生させる悪玉菌が優勢の時です。
便秘になると、腸内に滞留している便を悪玉菌が分解して悪臭を発生させるので、それがおならが出る時に一緒に外に排出されます。

逆に、善玉菌が優勢だったら、このような臭いは発生しません。
ですから、おならをしても臭くならないんですね。つまり、おならというものは、もともと臭いわけではなく、腸内環境が大きく関わってくるのです。
そして、腸内環境を悪化させる原因となるのが便秘なので、便秘になるとおならが臭くなってしまうのです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。