便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘について腸内細菌(善玉菌と悪玉菌)について

腸内細菌(善玉菌と悪玉菌)について

腸内細菌について

私たちの腸には500種類以上の細菌が、約100兆個も住みつき、その大半が大腸にあります。
これらの腸内細菌が小腸で消化できなかった食物や粘膜、腸からはがれおちた細胞などを食べて、分解・発酵し、便やガスを作り出します。
つまり腸内細菌は私たちは生きていく上で、とても大切な生物なのです。

とはいっても、腸内細菌には有用な働きをする善玉菌と逆の腹気をする悪玉菌が存在します。
次は善玉菌と悪玉菌の特徴をご紹介します。

善玉菌について

健康な人の腸内には善玉菌と悪玉菌の比率が8:2の割合で存在すると言われています。
食物繊維を主な餌として生きており、発酵から乳酸や酪酸を作り出し、大腸を感染症から守ります。
また、大腸の蠕動運動を助けたり、免疫細胞を助けたりと私たちにとって有用な働きを持ちます。
善玉菌が多い状態ではおならでもそんなに臭く感じないとも言われています。

悪玉菌について

一方悪玉菌は、タンパク質や脂肪を餌にして分解・発酵により有害物質を作り出してしまいます。
その有害物質が腸壁に吸収されて、血液で全身に運ばれてしまいますと、生活習慣病のリスクが高くなって、老化のスピードも進行してしまいます。

においも臭いことが多く、おならや便が臭くなりやすいです。
この臭いは酸臭や腐敗臭などでも表現されることが多いです。

便秘と悪玉菌の関係

肉中心の食生活や、偏った食事、ストレス、疲労、運動不足などの様々な要因で、悪玉菌の数が増えやすくなります。

便秘の状態も腸内では悪玉菌が増えていることが多く、腸内のバランスが崩れています。
悪玉菌が増えることで免疫力が衰え、毒素が体内にたまることで様々な症状を引き起こします。
そのため、腸内バランスを整えて悪玉菌を増やさないことが、便秘解消にとって大切なのです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。