便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘について便秘と自律神経の関係

便秘と自律神経の関係

生命時活動は自律神経が管理している

私たちの生命時活動は、腸などの消化器や心臓、呼吸器が常にはたらき続けていることで守られています。こうした生命維持活動に欠かせない働きをコントロールしているのが自律神経です。自律神経は私たちの意思とは無関係にはたらき、外部からの刺激に適応できるよう、さまざな調節をおこなっています。

交感神経と副交感神経

自律神経には身体を活動的な方向へ導く「交感神経」と、安静の方向へ導く「副交感神経」2つの種類があります。

「交感神経」は、運動をしたり精神的に興奮状態になると活発にはたらきます。 心拍を速くしたり、呼吸を盛んにして活動のための酸素を全身に送るなど、臨戦態勢を整える役割をしますが、交感神経が活発になると消化管の活動は抑えられてしまいます。

もう1つは「副交感神経」で、睡眠中などゆったりと過ごしているときに働く神経で、心拍をゆっくりと動かし、体全体をリラックスさせる神経です。副交感神経が優位にある場合は、前者とは逆に蠕動運動を含めた、消化管全体の活動が促進され、排便が即されやすくなります。

視床下部は自律神経のコントロールセンター

自律神経は、脳の「視床下部」が働きをコントロールしていますが、困ったことに視床下部は喜怒哀楽の影響を受けやすい性質をもっています。そのため、不快感や不安、極度の緊張などのストレスを受けると、それが視床下部に伝わり、交感神経が過度にはたらいたり、リラックス神経の副交感神経がうまく作用しないなどバランスが崩れる原因になってしまいます。

また、精神的なストレスだけではなく、睡眠不足や不規則な生活によっても、交感神経と副交感神経のバランスを乱す原因となります。

自律神経のバランスが崩れると、便秘だけでなく、さまざまな調節が効かなくなるため、パニック症候群や、うつ病などを発病することがあります。食事の回数、時間がバラバラ、昼と夜が逆転しているなど不規則な生活をしている方は、この機会に生活習慣の見直しをおこなってください。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。