便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘について停滞腸について

停滞腸について

毎日排便があっても便秘になることも

毎日排便はあるものの、量が少ない、すっきり感がない、つねにおなかの張りや不快感がある人がいます。これは便秘ではないのですが、便秘の人と同じように腸の動きが鈍ってる状態を意味しています。この状態を便秘の一歩手前にある「停滞腸」といいます。

一般的に、健康な人の腸は排泄物を運ぶため脈打つような動きをしています。しかし、停滞腸の人の場合、腸の動きがほとんど止まっているため、腸の蠕動運動もにぶく、便を出す、いわゆる「排便力」が衰えています。排便力が低下しているため、当然排泄物も溜まる一方になってしまいます。

停滞腸を放置すると、逆流性食道炎になったり、大腸がんのリスクを高めるおそれもありますので、早期治療が必要な状態といえます。

停滞腸の症状について

停滞腸になると、排泄されなかった便が腸内に溜まり、体内で腐敗を始めるため、便やおならのにおいが極端に臭くなります。便やおならのにおいが強くなったら停滞腸の可能性がありますので注意が必要です。

また、排泄があっても停滞腸の場合便を出し切れていないため、ガスや老廃物が溜まり、食べる前から胸焼けがしたり、おなかのあたりに違和感が残る症状が出る場合もあります。
このままの状態を放置すると、停滞腸から便秘へと悪化し、他の病気を併発することもありますので、早期解決が重要になります。

原因は生活習慣にある

停滞腸になる原因としては、排泄するためのスイッチになる朝食を抜くことや、過度なダイエット、偏食による食物繊維や水分不足などが考えられます。また、腸のはたらきは自律神経のバランスに左右されるため、ストレスの多い生を送っている方や、睡眠不足などによって自律神経に乱れが生じると、腸の蠕動運動が鈍くなることもあります。

それ以外では運動不足があげられます。排泄に必要な腹筋や背筋が衰えることは勿論ですが、運動によって得られる刺激が腸にいかず、これも蠕動運動を鈍くする一因になり、停滞腸を招くことになります。女性の場合は、月経前になるとホルモンバランスが乱れやすいため、その影響で一時的ですが腸の動きが悪くなる場合もあります。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。