便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘について大腸の構造

大腸の構造

大腸の全体構造

大腸は小腸から続く最後の消化管で、人によってことなるものの、長さはおよそ1.5メートルの太い管です。なお、大腸の長さは、その人の身長と同じ程度だと言われています。内側には「ハウストラ」と呼ばれるふくらみがいくつもあり、外側には筋肉のすじがである「結腸ひも」が3本縦についていて、大腸はこれに手繰られるように蛇腹状になっています。

内部(内膣側)には、細菌やウイルスの侵入を防ぎながら、水分や塩分などを血液中に取り込む内壁があります。便にとって水分バランスは非常に重要で、水分が多いと下痢に、逆に少なければ便秘になってしまうのです。大腸はこの難しいバランスをうまく取りながら、水分の吸収をしているのです。

始まりかわ終わりまで

大腸の始まりは右下腹部で、そこから時計回りにアルファベットのMのような形でおなかを1週し、肛門へとつながります。小腸から肛門までの順番は、1.盲腸、2.上行結腸、3.肝わん曲部、4.横行結腸、5.脾わん曲部、6.行結腸、7.S状結腸、8.直腸、と続き最後の9.肛門管に繋がります。

口から始まり、肛門管で終わる消化管において、自分の意思で動かせるものは少なく、喉と肛門だけなのです。それ以外の器官については、自分の意思とは関係なく、自律神経などがはたらき動いているのです。

大腸の3大要素、盲腸・結腸・直腸

大腸の構造は大きく分けて「盲腸」「結腸」「直腸」の3つになります。

・盲腸
小腸と大腸は回盲口でつながっています。その下にある袋状の部分を盲腸といいます。
結腸より太く、長さ5~10センチの虫垂が下がっています。回盲口には回盲弁(バウヒン弁)と呼ばれる弁があります。なお、いったん大腸に入ったものは小腸に逆流することはありません。

・結腸
大腸でもっとも長い部分です。何ヶ所か強いカーブ(わん曲部)があり、そこを区切りとして順番に、上行結腸・横行結腸・下行結腸・S状結腸の4つに分けられます。
上行結腸と下行結腸は腹腔の背中に固定されていますが、横行結腸は固定されていませんので、おなかの中で宙ぶらりんな状態になっています。

・直腸
S状結腸と肛門を結ぶところにあります。構造は盲腸同様に太く、結腸を移動しながら作られてきた便やガスを留める役割をはたしています。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。