CT、MRI

現代医療に不可欠な検査方法

基本的にCTやMRIは、触診や内視鏡検査などでなんらかの異常がある、もしくはその可能性が見つかった場合に用いられる検査方法です。がんの検出は、この検査でほぼ見つかるといっても過言ではありません。両検査とも体を輪切りにした状態に撮影する方法ですが、MRIは磁気を使い、CTはX線を用いて画像化してきます。

内視鏡検査などで大腸がんとの診断がつくと、がんの進行度を知るためにリンパ節やほかの臓器への転移の有無を調べます。CTやMRIはこの転移のチェックにも活用されています。

コンピュータ断層撮影とは

「CT」とはコンピュータ断層撮影のことで、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍などをはじめとしたさまざまな病気の診断に使われている、現代医療に欠かせない機器の代表といえます。もちろん、がんの検出、転移状況の把握などにも非常に有効な方法です。

検査では、診察台に仰向けになった状態で移動し、CT装置に入っていきます。内部ではX線をあらゆる方向から回転しながら照射し、コンピュータ処理により断層画像を映し出すのです。また、CT検査では肝臓や肺、大きなリンパ節への転移も検出できる検査方法です。

核磁気共鳴画像法とは

「MRI」とは核磁気共鳴画像法のことで、からだに磁気を当て、体内の水素原子が磁気と共鳴したときに出る信号をコンピューターで解析し、画像として描出する検査です。
CTと違い立体的な画像が得られるだけでなく、骨などの障害物にも影響されないため、任意の切り口で断層画像が得られなど、さまざまな部位の診断に広く活用されています。

大腸がんの診断で使用する際は、骨髄内の病巣を把握するのに有効な検査方法といえます。
また、大腸がんや膀胱や子宮など、周囲の臓器にがんが広がっていないかどうかを調べるときにも用いられる検査方法です。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。