触診

怖がらずに検査を受ける

腹部の不調を訴えながら、病院での検査を嫌がり診察を先延ばしにしている方がいますが、大腸がんなどは早期発見であるほど完治の可能性が高くなるため、なるべく早目に検査を受けましょう。
検査は少し特殊な方法のため驚く方もいますが、痛みはなく、短時間で終わるものばかりですので、怖がらずに検査を受けましょう。

触診の方法について

検査は触診から始まります。触診には腹部を触る「腹部触診」と、肛門から指を入れ腸内を確かめる「直腸指診」の2種類があります。腹部触診は、温めた手でおなかをくまなく触り、しこりや押すと痛む部分がないか、おなかが張っていないかなどを探っていきます。単純な検査方法ですが、この指診でがんが見つかることもあります。

また、直腸内部の状態を調べる「直腸指診」では、診察台の上に横向きに寝て、膝を抱えてもらいます。潤滑剤を付けたゴム手袋を装着し、医師が指を肛門からそっと入れます。
検査時に違和感を感じる方もいますが、痛みはほとんどありません。検査は1~2分で済みますので肩の力を抜き、深呼吸するなどリラックスして受けましょう。

多くの直腸がんは触診で見つかる

腹部触診ではおなかの張りの有無が分かる以外にも、下腹部のしこりを確認できることができます。この場合しこりが固く、コリコリしたものであればがんの存在が疑われます。

直腸指診では、肛門に指を入れるため、近くの直腸に出来たがんを見つけることができます。
直腸がんの多くのがこの方法でみつかっているといっても過言ではない大事な検査なのです。

さらに、指に付着した便や血の状態から、がんと痔の識別もおこなえる効果的な検査方法です。
唯一の欠点は、直腸指診は指が届く範囲しか確認できないことです。それ以上奥の部分を検査するには大腸内視鏡検査が必要になります。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。