便潜血検査

大腸がんの早期発見につながる

「便潜血検査」を導入したアメリカではがんの早期発見が進み、大腸がんで死亡する人が30%以上も減ったといわれています。日本でも企業や自治体の定期健診に組み込まれるなど、公費の補助により広く実施されています。

もし、便潜血検査で陽性反応がでたり、血便の自覚症状がある場合は、なるべく早めに消化器内科や消化器外科を受診しましょう。

検査方法について

便潜血検査は便の一部を採取し、便の中に含まれる血液の有無を調べる検査で、通常は2日分の便をチェックし判断します。大腸がんであるかの重要な判断材料に血便がありますが、初期の段階では出血も少ないため、血便かどうか肉眼で判断することは非常に難しいのです。
しかし、この便潜血検査なら目に見えないごくわずかな血液や、肉眼では確認しずらい変色した血液も感知することができます。

検査では、2日分の便を専用のスティックで採取し、検査機関に提出するだととても簡単な検査です。また、最近では市販のキットを購入し、採取した便を郵送で送るなど、自宅にいながら検査できる「郵送検診」もおこなわれています。郵送検診の場合、1~2週間ほどで検査結果が出ます。
がんの発症率が高まる40歳を過ぎたら、毎年1回はこの検査を受けることをお勧めします。

陽性反応があった場合

便潜血検査の目的は、内視鏡検査などの精密検査が必要な人とそうでない人をわけることです。
したがって「陽性反応」が出た人は内視鏡検査などで大腸がんの有無を確かめる必要があります。

この検査では、多くの進行がんを早期に発見できる優れた検査方法ですが、出血の少ない早期がんについては見落とされる場合もあります。また、胃潰瘍、十二指腸、痔核など、がん以外での出血に反応してしまうこともあります。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。