内視鏡検査

40歳を超えたら年1回は必ず受ける

大腸の病気は年々増加傾向にあり、年齢別では50歳付近からその傾向が強くなります。
また、大腸がんを生じやすいポリープの発症率も40歳代から急増します。大腸がんは他のがんと比べ進行する速度は遅いため、早期に見つかれば100%の根治が可能です。

これまで内視鏡検査を受けたことがない方は、腸の健康を守るためにも是非とも受けて欲しい検査といえます。

検査方法について

「内視鏡検査」は、肛門から内視鏡を挿入して大腸内をリアルタイムで観察する検査方法です。
この検査では大腸の細かな部分も描出されるため、比較的小さなポリープやがんも検出でき、病変が粘膜にとどまっている場合は、その場で切除することも可能です。また拡大内視鏡をつかえば、腫瘍の良性・悪性の判断もできます。

検査を受けるには事前準備が必要になります。まず、前日から下剤を服用し、食事も消化のいいものを食べるようにします。また、便を完全に排泄しておく必要があるので、検査当日に2リットルの洗浄剤を飲んでもらいます。これによって腸内が空にし、蠕動運動を抑える薬を注射した後に検査が始まります。

検査終了後は、腸管にたまったガスをだすため、30分~1時間ほど院内で休憩を取りますが、おなかの状態が落ち着いたら帰宅しても大丈夫です。

痛みや苦痛はほとんどない

一般的に内視鏡検査には痛みや苦痛を伴うイメージがありますが、それは過去の話です。現在では、検査技術や機器も飛躍的な進歩を遂げていますし、経験豊富な医師が不安感を和らげる配慮をしてくれるので、痛みや不安を感じることはほとんどありません。

なによりこの検査は、大腸がんの早期発見に高い効果をあげているだけでなく、ポリープの有無など腸の健康状態を知るためにも効果的な検査なため、発症率が上がる40歳代の方は年に1度は受けるようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。