便秘解消スッキリ生活トップ > 症状から探す原因・病気

排泄障害を伴う病気

便の異常には様々な病気が潜んでいると言われています。例えば、便秘なら過敏性腸症候群、クローン病、大腸がん。血便なら大腸ポリープ腸憩室賞、潰瘍性大腸炎。排便後の出血からは痔核や痔ろう、裂肛などが疑われます。このどれもが専門医での治療が必要であり、また放置すると重篤な症状を起す病気です。便の異常は体が発する危険信号かもしれません。なるべく早期に専門的な検査を受けた方がいいでしょう。

便が硬くて便秘
機能性便、過敏性腸症候群、器質性便秘などが疑われます。改善には規則正しい生活、栄養バランスの取れた食事が必要です。
便が柔らかくて下痢
細菌やウイルス感染、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎を発症している可能性があります。長期化する場合には医師の診察を受けましょう。
下痢と便秘が続く
ストレスが原因となり発症する過敏性腸症候群の可能性があります。稀に大腸がんの場合もあるため経過観察には注意が必要です。
便が細くてスッキリしない
裂門、切れ痔などの痔核や、腸がんが疑われます。早急に医療機関を受診した方がいいでしょう。
便に血がつく
切れ痔であるケースが大半ですが、潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ、虚血性大腸炎などを発症している可能性もあります。
排便で出血する
大半が肛門付近の出血によるものと考えられます。裂肛や痔核などが出血の原因でしょう。
痔の種類
痔には肛門の入り口にコブが出来る痔核、肛門の粘膜や皮膚が切れる裂肛、肛門内のくぼみが細菌感染する痔ろうがあります。
お腹が張る
普段から腹部に張りを感じる腹部膨満感は、ストレスによる自律神経の乱れが起こっていると推測されます、
お腹にしこり
大腸がんや胃がん、すい臓がんなどの危険な病気が潜んでいる可能性があります。早急に検査を受けましょう。
お腹全体の痛み
細菌性の食中毒や腸閉塞急、性腹膜炎などを起しているかもしれません。早期の診察が必要です。
上腹部の痛み
痛み出すタイミングや場所にもよりますが胃やすい臓の疾患が考えられます。精密検査を受けることをお勧めします。
下腹部が痛む
下痢や便秘によるものが大半ですが、症状が長期化する場合には注意が必要です。

Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。