便秘解消スッキリ生活トップ > 症状から探す原因・病気便が柔らかくて下痢

便が柔らかくて下痢

下痢で悩んでいる人も多い

おなかのトラブルとして便秘症に並んで多いのが下痢です。
健康な人の便は、70~80%が水分で、形はバナナ状か半ねり状です。これが、水分量が80%を超えると「軟便」になり、90%以上になると形を成さない水のような「下痢便」となります。
下痢を起す主な原因は、細菌やウイルスによる感染ですが、腸の病気が要因となり下痢をしている場合もありますので、注意が必要です。

細菌・ウイルス性の下痢について

主なものとしてはサルモネラ、腸炎ピブリオ、ノロウイルスなどの食中毒があげられます。
細菌やウイルスに感染した場合は、激しい腹痛や下痢を繰り返し、発熱、吐き気、嘔吐なども伴います。便は黄色や緑色が多く、ときに粘液や血が混じる場合もあります。このような症状が出た場合は、脱水症状にならないよう水分補給を忘れずにおこないましょう。

病気による下痢の症状について

病気による下痢の代表は「過敏性腸症候群」です。おなかの痛みや不快感が長く続き、下痢と便秘を繰り返します。また、疲労感、イライラ、動悸をともなうこともあります。しかし、この症状は排便によっておさまります。

また、「潰瘍性大腸炎」でも下痢を生じます。特徴としては、軟便から水っぽい便に変わり、その後は粘液や血液が混じるようになります。日に何度も便意をもよおすので、排便回数も多くなります。
その他、大腸がんでも下痢を起すことがあり、この場合は下痢と便秘を繰り返し起すのが特徴で、水溶性の下痢便に血が混じり排便後に残便感が残ります。

症状が続くのは危険な病気のサインかも

このように下痢を起す原因は非常に多彩です。その多くは数日でおさまりますが、もし長期化するようであれば、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、大腸がんなどの疑いがありますので、大事に至る前に医療機関で検査を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。