便に血がつく

血便や下血も病気のサイン

排便後、便に血が混じっている、あるいはトイレットペーパーに血がつく場合があります。酷い場合では、トイレが血で赤く染まってることもあります。
血便や下血があった場合、何らかの病気を発症している可能性があります。そこで重要になるのが、便自体に血が混じっているのか、それとも便の表面に血がついているかです。

考えられる病気は

まず、血便や排泄後の出血に一番関わりをもっている病気は痔、特に「切れ痔」です。
排便後に肛門が傷つき出血するもので痛みもあります。血の特徴としては、鮮やかな赤い色をしています。肛門近くに腫瘍ができた場合、切れ痔と同じように鮮血が出ます。

しかし、大腸がんでは血便や下血だけでなく、便秘、下痢、残便感といった複数の症状が現れます。
さらに、ドロっとした粘液が便に付着していることも少なくありません。これらの症状は、大腸がんだけでなく、潰瘍性大腸炎や大腸ポリープ、虚血性大腸炎でもみられる症状です。

下血は大腸以外の異常も疑われますが、特に多いのは小腸、十二指腸、胃などの消化管の異常です。この場合、同じ血便でも血が変色しているため、黒ずんだ便が排泄されます。

出血量が重要となる

血便や出血があった場合には、その量から病気を推測します。例えば、少ない場合は痔核全般や、「大腸ポリープ」「大腸がん」などの病気が疑われます。
逆に、大量かつ何回も出血する場合などは、大腸の一部分が袋状で腸管の外に出てしまった「大腸憩室賞」や、「潰瘍性大腸炎」などの疑いがあります。

いずれのケースもそのまま放置しておくのは大変危険ですので、出血や下血があったときは早急に専門医での受診を受けるようにしてください。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。