便秘解消スッキリ生活トップ > 症状から探す原因・病気排便で出血する


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

排便で出血する

排便後の出血は珍しくない

排便後に肛門から出血することは、実は珍しいことではありません
ある調査では、排便後の出血の有無を調査したところ、ここ数ヶ月間に出血があったと答えた人が10%以上にのぼりました。
また、過敏性腸症候群の人に同じ調査をおこなってみると、なんと40%に近い人が排便後の出血を認めています。何故排便後に出血するのか、また出血はどの部分から起きているのでしょうか。

主な原因は裂肛などの痔

ほとんどの場合、出血は肛門管の付近で起きています。その主な原因は「痔」です。
排便中または排便後、肛門に痛みを感じた場合は、肛門管が小さく裂ける「裂肛(切れ痔)」による出血と考えられます。これは太く硬い便が排泄されるとから起こる症状です。裂肛を起す肛門管の壁は、網目状に静脈が発達しています。その近くある肛門クッションが、便が漏れ出すのを防ぐ役割をしてます。

この肛門クッションは、やわらかい組織で構成されているため、太く硬い便によって簡単に傷つき出血の原因になるのです。また、裂肛とは反対に排便中の痛みがなかった場合は、「痔核(イボ痔)」から出血していると考えられます。

大腸がんが原因である場合も

排便時の出血はその多くが痔が原因なのですが、腸の病気が原因となって出血しているケースもあります。良性腫瘍直腸炎結腸の炎症(遠位結腸炎)などがそれにあたりますが、なかには直腸がんや下部結腸癌など深刻な病気が起因となっている場合もありますので注意が必要です。

直腸炎などの出血は治療によって治すことができますが、出来るだけ早期の治療であれば重症化せずに済みますので、出血を確認したら早めに医療機関での受診を受けましょう。

肛門からの出血ほど判断が付きづらいことが多く、たまたま注意深く便を観察したときに見つかるケースがほとんどです。しかし、肛門からの出血全てが無害なわけではなく、深刻な病気が潜んでいる可能性があることも知っておきましょう。

スポンサードリンク

排便で出血するは以下のカテゴリに属しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ


当サイトについて

Copyright(c) 便秘解消スッキリ生活 All rights reserved .