腸炎

腸炎は病名ではない

腸炎とは、厳密に言えば病名ではなく、腸の炎症によって起こる症状の総称です。
原因はさまざまで、ウイルスや細菌の感染、ストレス、アルコールなどでも起こります。
その多くは治療の必要性がなく、時間の経過とともに症状は軽減されていきます。しかし、中には入院が必要な場合もあるため、症状の経過をしっかり観察することが大切です。

原因と主な症状について

腸炎の中でも特に注意したいのでが「腸感染症」です。これは細菌、ウイルス、寄生虫などに汚染された食品を通して、病原菌が体に入り引き起す感染症です。代表的な腸感染症は食中毒、旅行下痢症、アメーバ赤痢などがあり、食物毒だけでも年間3~4万人の方が感染している病気です。

主な症状は急な発熱、腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、血便などがありますが、そのほとんどが自然と治ります。しかし、嘔吐や下痢を繰り返すうちに体中の水分が奪われ、脱水症状を起す危険があります。
このような症状が現れた場合は、スポーツドリンクなどで塩分、糖分、水分を補給し脱水症状を起さないようにすることが大切です。

感染を起す病原菌

感染を起す主な病原菌は、「サルモネラ」「カンピロバクター」「腸炎ビブリオ」「病原性大腸菌」「ノロウイルス」となります。以前は温度や湿度が高く、菌の繁殖しやすい夏場に起こりやすい症状でしたが、食の多様化が進んだ現在では一年を通して見られる病気といえます。

このような細菌は、食品・水を通して体の中へ侵入しますが、胃酸によってたいていの菌は死滅します。しかし、なかには腸にたどり着き、腸の組織を破壊し炎症を起します。この炎症が下痢や嘔吐の原因となるのです。

また、腸管に入ることで毒素を作り出し腸を障害す場合や、食品の中で増加し毒素を作る細菌もいます。同じように見える食物毒でも症状に違いがあるのは。細菌が作り出す毒素に違いがあるためといえます。

予防方法について

腸感染症の予防法は「摂り入れない、増やさない、殺菌」です。そのため、食事に前の手洗や、食品の加熱処理や低温保存などを普段から心がるようにしましょう。

基本的に治療の必要はありませが、抵抗力の弱い子供や高齢者は重症化することで命に関わる危険もあります。そのため下痢や嘔吐などの症状が現れたら、自己判断をせず医療機関での診察を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。