過敏性腸症候群

日本人の10人に1人の割合で発症している病気

過敏性腸症候群は、ポリープや炎症など器質的な異常はなく、腸機能が正常にもかかわらず、腸の運動に異常をきたし下痢や便秘を生じる病気です。
精密検査でも異常が認められないため、これまでは病気として認知されませんでしたが、現在では国際的に病気とし認識されるようになりました。ストレスが最大の原因となり、日本では特に患者数が多い病気でもあります。

不調の心理的反応が原因となる

人間には特定の部分を強く意識すると、そこへ送られる脳からの信号が増大するという特性がありますが、過敏性腸症候群が繰り返えされる理由がまさにこれで、腹痛を意識する余り、その信号が必要以上に脳から送られていることで起こります。
これは、不安を感じた同じ状況下に置かれることで、前回と同じ不安を感じてしまい症状が起こる「不調の心理的反応」の悪循環も原因の一つといえます。

症状は多種多様

心理的な問題で起こる過敏性腸症候群では、下痢や腹痛が主な症状ですが、これは人、状況によって変わる特性があります。長期間続くわけではなく、数時間から数日で症状は消えてしまいます。
これ以外にも満腹感や逆の空腹感、便意があっても排泄出来ない、便に粘液が混ざる症状を訴える方もいます。中には疲労感や元気がなくなるなど「うつ病」に近い症状が出る方もいます。

治療について

原因により治療法も異なりますが、生活習慣の改善と薬物療法が主な治療法となります。
具体的には、規則正しい生活はもちろん、アルコール、脂質を控える食生活の改善や、腸を鍛えるための運動を継続しておこないます。また、これに薬物療法を併用することで効果が高まります。
用いられる薬剤は「抗不安薬」「抗うつ薬」が中心で、これは緊張を和らげるこによる症状の軽減を目的としています。

この病気で命を落とすことはありませんが、生活のうえで制限されてしまう部分が出てきます。 
しかし、適切な治療を継続しておこなうことで、症状の改善は可能ですので、長い目で病気と付き合う気持ちを忘れずに治療するようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。