腸閉塞

腸がねじれる病気

腸閉塞は「イレウス」ともいわれ、腸がねじれることで内容物が先へ進めなくなってしまう病気です。
症状によっては緊急の手術が必要になり、放置することで死に至ることもある危険な病気です。
主に大腸の手術で開腹した際に、臓器が空気に触れることで起こる癒着が主な原因となります。

原因は開腹時の癒着

腸閉塞の主な原因は、臓器同士の癒着です。これは開腹手術の際に、臓器が空気に触れることで起こります。癒着先も様々で、腸同士の癒着や、腸壁との癒着、他の臓器との癒着などその状況により異なります。癒着した腸は、折れ曲がりやねじれを生じるため、腸の詰まりを起こし、内容物が先へ進めなくなるのです。

これは、便秘を起すだけでなく、腸に栄養を運ぶ血管を圧迫するため、「絞扼性(こうやくせい)腸閉塞」など、緊急の手術を要する病気を併発することもあるのです。また、それ以外にも大腸がんによって腸閉塞を起す場合や、押し出す力が弱い高齢者では便秘が腸閉塞の原因となることもあります。

症状について

腸閉塞は、患部に内容物がたまるため、激しいおなかの痛み、膨満感などおなかの張りが現れます。また、先へ進めなくなった内容物が逆流するため、吐き気・嘔吐を伴います。
また、横隔膜の圧迫が伴う場合には、脈や呼吸が速くなりショック状態になることもあります。

治療の基本は保存的治療

腸閉塞の治療では外科的な手術をおこなうのではなく、食事や水分補給を一旦中止し、胃や腸を休めることが基本となります。嘔吐や腹痛などの症状がおさまらない場合は、原因となっている内容物を汲みだすことで症状の緩和をはかります。

腸閉塞は適切な治療を行えば、決して怖い病気ではありませんが、中には絞扼性腸閉塞のように死に至ることもあるのです。また、自然に治ることはありませんので、自己判断せず、症状が現れたら医療機関での診察を受け、適切な治療を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。