ポリープ

ポリープは細胞の突然変異

がんの要因にもなる「ポリープ(腫瘍)」ですが、これは皮膚や粘膜が突然変異を起したもので、球状の突出したイボのような形態をしています。発症する部位は様々で、声帯、胃、大腸、小腸、子宮など様々な場所に生じます。腸に生じた場合は、腸壁(腸の内側)に発症します。
がんなど重大な病気の原因となるポリープですが、その発症原因については、未だ不明な点が多く、確かな研究結果あるわけではないのです。

良性腫瘍が大腸がんになる

ポリープには良性と悪性があります。全てのポリープががん化するわけではありませんが、悪性のポリープが一般低にん「がん」といわれています。
これが進行がんになると、イボ状ではなくなるなど、形状の変化が現れます。

一方、良性のポリープは「線種」といわれます。実は大腸がんの大半が、この線種ががん化したもので、特に2センチを超えた線種は、その8割ががん化すると言われています。
しかし、線種ががん化する割合は極めて少ないうえ、1センチを超える線種は内視鏡検査の際に切除されるため、定期的な検査を受けていれば線種のがん化を心配する必要は少ないといえます。

形態の確認で良性と悪性を見分ける

良性のポリープである線種が、大腸がんを発症する原因となる訳ですが、悪性であるかの見極めは「異型度」で判断します。これは、ポリープに変化した組織や細胞の形態が、正常な組織や細胞と比べ、どの程度の違いがあるかを判断する検査方法です。

実際には、内視鏡検査で摘出したポリープを病理検査に回したうえで異型度を確認します。
異型度には軽度異型、中等度異型、高度異型の3分類があり、異型度の高まりに比例して、がんの疑いも強まることになります。

大腸がんは定期健診で予防する

大腸がんは遺伝的な要素が強いがんで、家族内で大腸がんを発症した場合、高い確率でその体質が受け継がれるといわれています。しかし、体質を受け継いだからと必ず大腸がんを発症するわけではありません。定期的な検診を受けていれば、そのリスクは格段に減らせるのです。

大腸がんを防ぐには、「ポリープを悪性化させない」ことです。そのためにも、1年に1回は内視鏡検査など定期健診を受けるようにすることが重要といえます。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。