便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘の種類と特徴

便秘の種類

便秘にも様々な種類があります。大まかに分けると、加齢や生活習慣、ストレスなど別の事が原因で起こる便秘と、腸管の癒着や消化管の疾患など腸に問題がある便秘に分類されています。更に近年では、適切な治療のための細かな分類法が誕生し、腸タイプ、結腸タイプ、内容物タイプ、肛門・直腸タイプ、その他の5つに分類することも可能です。自身がどのタイプで、どの治療が必要なのかを把握することは便秘の解消の近道になります。

便秘の分類について
便秘には直腸性便秘、弛緩性便秘、けいれん性便秘など腸以外の事が原因のものと、がん、ポリープなど病気によって引き起こされているものがあります。
直腸性便秘
習慣性便秘とも呼ばれるもので、数ある便秘の中でもっとも多いと言われています。治りづらい便秘としても知られています。
弛緩性便秘
腸の動きが鈍くなることで便秘が生じている状態です。高齢者や女性に多く見られるのが特徴の便秘症です。
けいれん性便秘
名称の通り、大腸が過度に緊張しけいれんを起こすことで便秘症を生じます。
小腸タイプ
小腸の機能異常によって引き起こされる便秘です。胃がん、十二指腸潰瘍、虫垂炎などの術後の起こる癒着などがこれに含まれます。
結腸タイプ
腸管全体の機能低下、下剤を長年服用、大腸メラノーシス、加齢などが原因で起こる便秘症状です。
直腸・肛門タイプ
偏食やダイエットによって腸の内容物が極端に少なくなることでて起こされる便秘です。大蠕動運動も減少する傾向があります。
内容物タイプ
排便を我慢す行為が長時間続くことで直腸・肛門反射が少なくなった状態を意味します。慢性的な便秘に進行しますので注しましょう。

Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。