直腸性便秘

常習性の便秘は3種類ある

常習性の便秘(機能性便秘)は一般に、「弛緩性便秘」「けいれん性」「直腸性」の3つのタイプに分類されます。ところが、日によって症状が変わってたり、複数の症状を併せもったりと、単純に分類できないのが便秘の難しいところです。

そもそも排便に関わる消化管は非状に長く、約9mにもおよびます。便秘とは胃、小腸、結腸、直腸の通過点のどこかで障害が起きている状態です。そこで消化管のどこで、どのような障害が起こっているのかによって便秘の種類を分けるのが最善な方法といえます。

直腸タイプはスーパー便秘

「直腸性便秘」は、日々の習慣から起こる便秘で「習慣性便秘」とも呼ばれています。数ある便秘の中でもっとも多い症状がこのこれ直腸性便秘です。また、直腸や肛門の機能低下でもおこり、なかなか治らない便秘であることから「スーパー便秘」と一部関係者からはいわれています。

直腸性便秘の原因について

通常であれな、朝食事をおこなうことで、腸の蠕動運動と分節運動によって「胃・結腸反射」が起こり、その刺激が知覚神経を介して脳に伝わることで排便反射(便意)が起こります。このまま排泄すればいいのですが、さまざな理由で我慢をしてしまう方がいます。

排便反射があるにもかかわらず、我慢をする、この悪循環を繰り返していると、次第に排便反射が起こりにくくなってしまうのです。これが直腸性便秘の原因といえます。それ以外の原因としては、手術で腸管を切除した方にはこの症状がみられます。

症状と治療について

この場合、適切な排泄がおこなえないため、直腸に便がたまります。よって、便は太くて硬いのが直腸性便秘の特徴といえます。

また治療には、規則正しい食生活、水分補給、ストレスの軽減など日々の生活改善が必要になりますが、あまりにも酷い場合には坐剤を適切に使うことでも症状の緩和がみられます。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。