便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘の種類と特徴けいれん性便秘

けいれん性便秘

症状が変化する便秘

常習性の便秘(機能性便秘)は、症状が日によって変わったり、複数の症状を起こしたりするため分類が難しい性質をもっています。一般的な分類では、「直腸性便秘」、「弛緩性便秘」、「けいれん性便秘」の3タイプに分類されます。

常習性の便秘は、病気などによる腸の機能低下とは違い、生活習慣などの乱れが起因となり腸の動きが鈍くなる症状のため、普段の生活を見直すことで改善に向かう傾向があります。

大腸のけいれんが便秘の原因

ストレスなどによって、大腸が過度に緊張し、けいれんを起こす症状です。大腸がけいれんすることで、便が通過できない状態となるため便秘につながります。症状が酷くなると、腹痛を伴う場合もあります。また、下痢と便秘を繰り返す、排便後もすっきりしないなどの症状もみられます。便の特徴としては、硬く、うさぎの糞のようにコロコロしています。このタイプの典型的な例としては、過敏性腸症候群でみられる便秘などがあげられます。

ストレスをためないことが重要

大腸は、脳の視床下部が自律神経をコントロールすることで、運動をおこなっています。
しかし、視床下部は感情の影響を受けやすい性質をもっていますので、ストレスの多い日々を送っていると、自律神経のバランスが乱れ腸にも影響が出てきます。特にけいれん性便秘は、ストレスとの因果関係が強いため、緊張やプレッシャーなどを強く感じている人に多くみられます。

便秘を放置すると、免疫力が低下し様々な病気にかかる原因となりますので、早期治療をおこなうことが大切といえます。また、けいれん性便秘のように、ストレスが原因となる場合も多いため、ストレス発散法をみつけるなど、日頃からストレスをためないよう気をつけることも重要になります。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。