便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘になる理由下剤の利用

下剤の利用

下剤は常用薬ではない

薬には抗がん剤のように病気自体を完治させるもの、病気の症状を和らげもの、一時的な苦しみを軽減させるものがあります。便秘で使われる下剤は「一時的な苦しみを軽減させる」部類に含まれ、この種の薬は常習することで薬が効きにくくなり、症状がさらに悪化する性質があるため、本来常用する薬ではありません。

この事実を知らずに、排便するために毎日10錠以上の下剤を飲んでいる人が実際にいるのです。

下剤による腸への影響

下剤は「瀉下薬」とも呼ばれ、主な作用は食物繊維と同じく便をやわらかくします。効力の強さにも段階があり、市販の下剤などは強い部類に含まれます。

下剤を使うと、便が柔らかくなるので排便しやすくなりますが、蠕動運動によって便意を起こすという本来のはたらきが妨げられます。どうしても苦しいときの処置として使用する分には構いませんが、下剤を常用さらには乱用してはいけません。腸のはたらきそのものが衰えていきます。これを続けると、蠕動運動が起こらなくるので、便意が生じず自力での排便ができなることもあるのです。

便秘の根本治療にはならない

下剤に頼りすぎると薬なしでは排便できない、下剤依存症になることがあります。こうなると、腸本来の機能が低下し、自力で便意や排便をおこなうことが難しく、依存から脱出するにも専門医の指導が必要になります。下剤はドラッグストアなどでも簡単に手にできる薬です。しかし常用による依存の怖さについてはあまり理解されていない部分があります。

便秘で悩んでいる人は、決して安易な気持ちで下剤を服用してはいけません。根本的な便秘の治療を考えているのであれば、専門医の元で治療をおこないながら、生活習慣、運動、食事の改善をおこない、自力での排便が毎日出来るようになることが大切です。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。