便秘解消スッキリ生活トップ > 下剤をやめよう下剤の種類

下剤の種類

刺激性と機械性の違い

下剤はその人の症状や適用条件などによって使い分けるため、色々な種類があります。
ドラッグストアなどで市販もされていますが、比較的依存しにくいも部類の下剤が多いようです。

下剤は大きく分けて、「刺激性下剤」と「機械性下剤」に分類されます。刺激性下剤はその名の通り、腸を刺激し蠕動運動などを起こさせる下剤です。一方、機械性下剤は便に作用し、からさをふやしたり、軟らかくしたりして排便を促すタイプです。 初期段階の便秘でどうしても排便をしたい場合は、機械性下剤を使ったほうがクセになりにくく、刺激や副作用も少なくすみます。

下剤の種類と効能について

下剤は「刺激性下剤」と「機械性下剤」以外にも、作用や特性によって更に細かく分類されています。

小腸刺激性下剤
小腸に刺激を与える、刺激性下剤に含まれるタイプです。主成分にひまし油やオリーブオイルなども含まれます。結腸刺激性下剤に比べると副作用が少ない下剤です。

結腸刺激性下剤
刺激性下剤に含まれます。大腸に刺激を与え、蠕動運動を起こさせて排便を促します。市販の下剤のほとんどを占める、アントラキノン系下剤がこれにあたります。長期間の使用には向かず、場合にはよっては大腸メラノーシスを起こし腸の機能低下を招くこともあります。

塩類下剤
機械性下剤に含まれます。市販の下剤(結腸刺激性下剤)の乱用による便秘に用いられ、小腸刺激性下剤と併用して使われます。便の浸透圧を上げ便の水分が吸収されるのを抑え、便を軟らかくして排出を促します。副作用は少ないですが、腎臓に障害がある人には向かない下剤です。

糖類下剤
機械性下剤に含まれます。胃や腸で吸収されにくい糖類が主成分で、腸内の水分量を増やすことで便を軟らかくします。副作用が少ないため、子どもの便秘にも使用できる下剤です。

膨調整下剤
機械性下剤に含まれます。偏食や小食の影響で、腸の内容物が少なすぎることが原因で便秘になったケースに用いられます。主成分の寒天や小麦ふすまなどに水分を吸収させ、便のかさをふやし、軟らかくさせます。

・浸潤性下剤
便に薬の成分が浸潤して便を軟らかくすします。副作用はありませんが、日本ではまだ普及していない下剤です。

坐薬について

そのほかに座薬がありますが、これは便意がなくなっている場合に用います。
便意がない場合、下剤を使っても直腸が反応じすらく便が出にくいため、坐薬を使うほうが効果的な治療になることがあります。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。