便秘解消スッキリ生活トップ > 下剤をやめよう下剤の副作用

下剤の副作用

下剤の副作用について

下剤であっても、薬である以上副作用があります。下剤の副作用は、おなかの張りなど軽いものから、腎臓病がある方に強い副作用を起こす場合や、大腸に色素沈着を起こし、便秘を重症化させる大腸メラノーシスなど重いものまで副作用はさまざまです。
手軽な薬と思われがちな下剤ですが、ご使用の際には、正しい知識と注意が必要です。

大腸に異変が起こることも

下剤には大きく分けて、「刺激性下剤」と「機能性下剤」の2種類があります。強い副作用が出るのは「刺激性下剤」の部類が多く、特に注意が必要で問題視されるているのが市販薬に多い「アントラキノン系下剤」です。

アントラキノン系下剤は、全ての下剤の70~75%を占めている現在の主流といえる下剤です。しかし継続的な使用だと4ヶ月間、断続的であっても1年間と短い期間で、大腸メラノーシスのような異変を大腸に起こすという報告もある下剤です。

便意を消失することも

また、下剤の使用で、自力での「便意」を起こせなくなることも副作用のひとつといえます。
便意は腸の内容物が、腸壁に刺激を与え、その刺激が脳に伝わることで起こりますが、下剤を使うとことで便意を起こさなくても排便ができるため、長期間使用すると、腸と脳が便意を感じにくくなり、最終的に便意がなくなる、つまり下剤なしでは排便でいないことにつながります。

更に、下剤は長期間服用を続けることで体に耐性が出来るため、徐々に服用量を増やさないと排便できなくなり、これが長期間になるほど服用量が増えていくことになります。
これも便意の消失につながる大きな原因です。

計画手に下剤を使用する

本来、下剤はつらい便秘のから一時的に助けてくれる薬です。しかし、使い方を間違えると便秘を重症化させるための薬となってしまいます。

このような結果を招かないために、下剤を使用する際には、「直腸性便秘」「弛緩性便秘」「けいれん性便秘」などの症状に合わせた使い分けをすることが大切になります。また、ストレス、食習慣、運動不足など便秘を悪化させている要因を取り除くことを前提に、下剤使用を開始するなど計画的な使い方が重要です。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。