便秘解消スッキリ生活トップ > 下剤をやめよう膨張性下剤の特徴

膨張性下剤の特徴

排便を促す薬について

排便を促す薬といえば下剤です。下剤には腸に直接作用し、蠕動運動を促す「刺激性下剤」尾と、便のかさを増やすなど、腸の内容物に作用する「機械性下剤」緒の2種類に分類されます。

下剤以外でも排便を正常化に導くものとして、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善し排便へつなげる整腸剤や、妊婦にも使える坐薬、漢方薬などさまざまな種類がありまので、便秘の症状や程度に合わせた使い分けが重要です。

膨調整下剤について

「膨調整下剤」は腸に作用するタイプではなく、便に作用し排便しやすくする「機械性下剤」に含まれます。また、習慣性が弱いため長期の使用にも向いていますが、妊婦の方は使用できません。 

膨調整下剤は、ダイエットや摂食障害によって食事量が少ない、偏食が激しいなど腸の内容物が少なすぎることで便秘症になっている方に用いられる下剤です。 主成分はバルコーゼ、ナトリウム、プランタゴ、オバタ種子、寒天、小麦ふすまなど、水分を吸収し膨張するものが多く使われいます。

このタイプの下剤は多量の水と共に用いることが多く、腸内では水分を吸収し膨張することで便のかさ増ややします。また便を軟らかくするなど食物繊維と同じような作用をすることで、腸の蠕動運動を促し排便へと導きます。なお、膨調整下剤は腸内で水分を吸収し膨張するため、一時的におなかが張るなどの副作用が現れる場合があります。

下剤で便秘が解消されることはない

膨調整下剤は副作用も比較的少なく、習慣性もないため使いやすい部類の下剤といえます。
しかしこれは全般的にいえることですが、下剤は一時的に排便を促すためのもので、便秘を根本から解消する薬ではありません。便秘の根本的な解消には、食べすぎ、飲みすぎ、運動不足、ストレス、過度の緊張など日々の生活を見直し、改善していくことなしにはありえないのです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。