便秘解消スッキリ生活トップ > 下剤をやめよう下剤でも便秘が効かない

下剤でも便秘が効かない

下剤が効かなくなることも

多くの下剤依存症の方が、弱いタイプの下剤では排便が難しいため、比較的刺激の強い下剤を使って無理やり排便しているようです。これが続くと、腸が下剤の刺激に慣れてしまい、下剤だけでは排便が難しくなることがあります。この状態になってしまうと、専門医の治療が必要といえます。

治療では、下剤依存から抜け出すために刺激の強いものから刺激の弱い薬に変え、段階的に薬を減らしていきます。しかし下剤依存症の場合、弱い下剤だけではなかなか排便に結びつかないため、酸化マグネシウム、坐薬、漢方薬を組み合わせるのが一般的です。また、場合によっては化学合成系の下剤も併用していきます。

下剤以外の便秘薬について

「酸化マグネシウム」は、名前の通りマグネシウムを薬にしたものです。効用は便のかさを増やすほか、便の水分吸収を助けやわらかくして排便をうながすします。これは、便秘以外ににもガスでおなかが張っているときに用いられます。

また、便秘治療で使う坐薬は、直腸内で溶けて炭酸ガスを発生させるタイプを使用します。このガスによって排便を促すと共に、適切に使用することで腸の直腸反応を戻し便意を起こしやすくします。

これ以外にも、漢方を用いることがあります。主に使われる漢方は、「麻子仁丸(小腸に作用する生薬が含まれている)」や、「防風通聖散(小腸に作用する芒硝(ぼうしょう)、黄ごん(オウゴン)、大黄(ダイオウ)など18種類の生薬が含まれる)」などを使います。これらは、比較的刺激の少ないタイプですが、大黄などのように刺激が強い生薬を含んだ漢方もあるので、自己判断で使用してはいけません。

下剤依存症から抜け出すために

下剤依存症から抜け出し、腸本来のはたらきを取り戻すには、まず自己判断で下剤を使わない、そして生活習慣を見直し改善していくことが大切です。

また、薬の使用に関しても治療として処方された薬は、必ず医師の指示を守り用量にも気をつけることが重要です。坐薬や酸化マグネシウムは薬局でも購入できますが、誤った薬の使い方は便秘治療の妨げとなるので、これも必ず担当医に確認してから使用しましょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。