便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘解消法食事のポイント

食事のポイント

腸の活性化が便秘解消の第一歩

便秘解消の重要なポイントは腸の働きを活発にし、自然な便意を取り戻すことです。
便意が戻ってくれば、あとは肛門の開閉のみいえます。つまりは、腸の健康を維持するのは勿論、内容物を動かす腸と便意を起こす脳の連携をスムーズにすることで便秘が解消されるのです。

腸のはたらきを活発化させるために重要なのは食事です。何気なく食べている食材や、食事の仕方を変えるだけでも腸のはたらきを改善することが出来ます。

1日3食しっかり食べる

朝食抜きの食生活は、便意を起こしづらくなるため、便秘にとって大敵となります。
また、便は材料がなくては作られませんし、胃に食物が入らなければ蠕動運動もおきません。何より排便における、大きな役割を担っている腸の大蠕動は、朝が最も強くはたらくのです。

また、1日3回の食事は、腸の動きや便意を規則的にさせるだけではなく、この動きが体内時計の記憶され、毎日決まった時間に排便がおこなえることにもつながるのです。
普段から朝食を摂らない方も、バナナやヨーグルトなど軽めのものでも構いませんので、朝食を摂る習慣を身に着けましょう。

就寝3時間前からは食事をしない

夕方から夜にかけて胃液の分泌が活発になる一方、腸の運動は非常に弱くなります。
また、睡眠中に分泌されるモチリンというホルモンが腸内の内容物を肛門側へ送り出します。このはたらきにより、消化酵素や消化管ホルモンの分泌も促進され、翌朝の排便と食事に向けて腸内を掃除し始めます。

しかし、このモチリンは胃が空っぽでないと、十分なはたらきが行えません。しがたって、就寝3時間前からは、翌日に向けて腸を休ませる時間となるため、食事は控えたほうがいいのです。

水分をしっかり取る

水分が胃に入ると、胃が刺激され、腸の蠕動運動を活発にする効果があります。
また、腸内にたまった便をやわらかくし、排便しやすくするためにも水分はかかせません。
摂取する水分量についてはさまざまな意見がありますが、摂取した水分の内9割が小腸に吸収されてしまいますので、大腸に届けるためにも1日あたり2リットル摂取するのが理想的といえます。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。