便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘解消法マッサージをする

マッサージをする

腸のはたらきを外からも助ける

便秘を根本から解消する方法として、食事による腸内環境のリセットや、運動によって腸のはたらきを促進化させる方法がありますが、マッサージによって腸のはたらきを外から助けることも高い効果が得られます。

重度の便秘の人や下剤依存症の方は、夕方になると腸内にガスがたまる傾向が見られます。
ガスがたまるとおなかが張るのですが、腸内の便が多いため、ガスがなかなか抜けず膨満感が強くなり苦しくなってきます。これは、ストレスをためる原因にもなります。そこで外からマッサージすることで、腸内にたまってガスを抜きやすくし、腸のはたらきを助けてあげるのです。

マッサージで腸内のガスを抜く

まず、右半身を下にした姿勢で横になります。右腕はひじを立てた状態で頭の下に置きます。
そのまま左手を胃の少し下にあて、深呼吸しながら円を描くように時計回りでマッサージをおこないます。これを5~10分続けてください。注意点としては、圧迫したり、便をだそうといきんだりしないことです。あくまでも軽く、おなかを撫でるようにおこなってください。

この方法はすぐに効果が得られるわけではないので、できるだけ毎日続けるなど習慣化していくことがポイントになります。

便秘症の方は体を冷やさないことも重要

腸は体温が上昇すると活発にはたらく特性があるため、普段からシャワーではなく湯船に浸かり体を温めることを心がけてください。その際、熱いお湯に浸かると交感神経が優位になり、腸のはたらきが阻害されてしまいますので、ぬるま湯に長く浸かる半身浴をお勧めします。

また、先程のマッサージを週に1~2回、半身浴中におこなうとさらに効果が高まります。この場合、38℃程度のぬるま湯に浸かり、30分ほど時間をかけじっくりおこなうとガスが抜けやすくなります。

ガスを抜くことは、おなかの張りが解消されるだけでなく、排便にもつながります。また湯船にゆっくりつかることで得られるリラックス効果は、副交感神経を優位にさせ、腸のはたらきを活発化させる作用もありますので、是非一度試してみてください。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。