便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘解消法自律訓練法

自律訓練法

自律神経の乱れを治す

自律神経のバランスが崩れると、体全体に多大な影響を与えます。腸も同様に影響を受け、運動が弱くなったりするため便秘になる危険性が高まります。
乱れた自律神経を戻すには、専門医の元でおこなう薬物治療などが一般的ですが、自宅でもできる方法があります。それが「自立訓練法」です。

この訓練法は1932年、ドイツの精神科医シュルツ博士によって体系化された方法で、その効果の程から、世界的に有名な訓練法です。基本的な考え方としては、自己暗示によって催眠状態を作り、自分自身が「リラックスしている」ことを認識させることです。
この訓練法によって自律神経のバランスが原因となって起こる不調を改善することができます。

自律訓練法について

まず、いすに深く腰掛ける、またはベッドで仰向けになるなど自分がリラックスできる姿勢をします。深呼吸を繰り返し、気持ちを落ち着かせていきます。その際、「気持ちが落ち着いている」と心の中で繰り返し、十分に落ち着いた段階で第一公式に入ります。

第一公式では、手足の重さを感じます。
右手に意識を抜け「右手が重たい」と心の中で数回唱え、右手が重くなることを感じます。その後、左手も同様に「重たい」と数回唱え、重さを感じます。

第二公式では、手足の温かさを感じます。
まず、右手に意識を集中し「右手が温かい」と数回唱え、手の温度を感じます。同様に左手、右足、左足の順に「温かい」と唱え温度を感じていきます。

毎日続けることが大切

最初は効果を実感できないこともありますが、毎日繰り返しおこなうことで感じ方も強くなり、重さなどを感じるスピードも速くなります。この方法は、うつ病などのの改善だけでなく、腸の不調の改善や、便秘解消につなる方法で、その効果も広く認められている訓練ですので是非おこなってみてください。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。