便秘解消スッキリ生活トップ > 便秘に役立つ食材・栄養素オリゴ糖の特徴や摂り方

オリゴ糖の特徴や摂り方

腸を活性化させる食品

食品には腸のはたらきを活性化するものが数多く存在します。代表的なものでいえば、「食物繊維」が挙げられますが、これ以外にも腸を滑らかにする「油」や、腸管の働きをよくする「マグネシウム」、腸内環境を整える「乳酸菌」などがあります。

また、バナナなどに含まれる「オリゴ糖」も、腸内環境を整えるために重要な役割をもった食品ですので、積極的に摂ることをお勧めします。

オリゴ糖について

オリゴ糖には、ビフィズス菌を増殖させる「乳果オリゴ糖」、善玉菌を増殖させる「フラクトオリゴ糖」、疫力を向上させる「大豆オリゴ糖」、ビフィズス菌の育成を促進する「キシロオリゴ糖」、たんぱく質の消化吸収を助ける「ガラクトオリゴ糖」、乳酸菌を活性化させる「イソマルトオリゴ糖」、整腸作用をもつ「ラフィノース」などさまざな種類があります。
それぞれのオリゴ糖ごとに効能や効果、働きによる特徴がわずかながら異なっています。

オリゴ糖は消化酵素で消化・分解されることはなく、大腸まで届くという特性があります。大腸に届いたオリゴ糖はヨーグルトに含まれるビフィズス菌のえさとなって善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。そのためヨーグルトと一緒に摂取することで相乗効果を生み、便秘解消により効果的といえます。

オリゴ糖を忘れずに摂るために

オリゴ糖は食品ですから摂取すればすぐに効果期待できるものではありません。毎日継続して摂取することが便秘解消に大切であるため、継続して摂取するということが大切になります。

例えばオリゴ糖を毎日スプーン一杯とるという行為でも、習慣化している中で取り入れないと忘れてしまいがちです。
オリゴ糖単体で摂取することは大変だと思いますので、できる限り毎日食べている食べ物の中に混ぜたいですね。

ヨーグルトに混ぜる
毎朝ヨーグルトを摂取していればそこにオリゴ糖を混ぜて食べるのがベストです。特にヨーグルトでは腸内環境を整えるのに役立ちますので、オリゴ糖との相乗効果が期待できます。とってもお勧めの摂取方法です。

ジュースに取り入れる
ジュースといっても手作りジュースがお勧めです。例えばバナナジュースが一番作りやすいですよね。そこにオリゴ糖を一緒に混ぜれば簡単に摂取することができます。
ただし、市販のジュースに関しては糖分が相当入っていますので、あまりお勧めできません。

お菓子に取り入れる
こちらも市販のものではなく手作りのものに限ります。 例えばスコーンは手軽に作れますし、いろいろなものを混ぜることができるのでお勧めです。オリゴ糖と一緒に混ぜて作ることで、オリゴ糖スコーンが簡単に出来上がります。
お菓子のメリットは持ち運びができることで、いつでもどこでもオリゴ糖を摂取できるという手軽さがあります。

摂取目安について

オリゴ糖の摂取目安は、1日あたり3~5グラムです。なお、ダイズオリゴ糖を、1日に3グラム摂取するだけで、腸内のビフィズス菌が数倍に膨れ上がるなど手軽に腸内環境を整えてくる食品といえます。

オリゴ糖が多く含まれる食品は主に果物、ハチミツ、豆乳が代表的です。この他にトウモロコシやにんにく、ねぎ、納豆、アスパラガス、たまねぎ、ごぼうなども比較的多く含んでいます。
特にバナナは一本で、300ミリグラムと豊富にオリゴ糖を含む果物です。毎日食べるのが難しい場合は、甘味料として市販されているものを利用するのももいいでしょう。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。