便秘解消スッキリ生活トップ > 排便について知ろう

便意の仕組み

便意とは排便の準備が整った状態をいいます。健康な方は意識することもありませんが、便秘症の方は便意が弱まる傾向にあるため意識的に感じる必要があります。特に下剤を常用していると、便意が消失することもあり、この作業が重要になっていきます。便意は非常に複雑なシステムによって発生するものです。失えば回復にもそれなりの時間が必要になります。排泄を我慢せず便意を保つ生活を日頃から心がけましょう。

便通について
便通が正常かの定義付けは非常に難しいのですが、腸内における便の移動スピードで判断が可能です。
便意とは?
直腸反射を感じた脳からの指令により、排便に関わる筋肉や神経が動き出し便を排出する準備が整った状態を意味します。
便意がない!なくなると?
排便を我慢する事や下剤を長期間、大量に服用した人に見られる症状です。便意の喪失は非常に危険な状態といえます。
便意の強さを知ろう
自身がどの程度便意を感じているかは、チェック表を利用すると簡単に把握できます。
便の分類
便の分類には形状、固さ、状態から分類するブリストル便形状尺度が国際的な指標として用いられいます。
便の成分
便は水分、腸内細菌と消化しきれなかった食物繊維などから構成されています。

便秘を助長する小さな便

小さな便は便秘を助長するものと言われています。何故なら小さな便は食物繊維や水分、腸内の内容物が不足していることを意味しているためです。また、小さな便は便意も弱く、排泄を我慢しがちになります。これが便秘を助長することにつながります。更に便の水分が失われれば、排泄の際に肛門管を傷つける恐れもあります。便秘にならないためには弱い便意でも排泄する努力が重要になるのです。

正常な排便の回数
正常な排便回数についての定義は存在していませんが、1日1回の排便が理想的だと言われています。
宿便とは?
胃や腸の機能低下により長期間排出されず渋滞した便のことを意味します。医学的には便秘と同じ意味をもった言葉です。
小さな便と便秘の関係
小さな便は水分、食紋繊維、内容物等が不足していることを表しています。乾燥が進むと肛門管を傷つけることもあるため注意が必要です。
小さな便の対応法
小さな便の解消には便意を感じたらトイレに行く習慣を付けることが効果的です。食物繊維をしっかり摂りるのも有効でしょう。

Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。