便秘解消スッキリ生活トップ > 下痢について急に下痢の発作が出た時

急に下痢の発作が出た時

下痢の発作について

液状の便が1回排泄される程度であれば、腸の不調とも考えられますので心配する必要はありませんが、これが何度も続く場合は問題があります。

これは「下痢の発作」といいます。ほとんどの場合、時間の経過と共に自然におさまりるのですが、中には細菌やウイルスに感染している場合や、もっと重大な病気の前触れであることも否定できませんので、このような下痢が起こったら無理をせずしっかりと経過を観察しましょう。

下痢発作が起きたときの対処法

まず横になり、楽な体勢になってください。毛布を被るなど体を冷やさないようにし、しばらくは固形物を口にしないようにしましょう。これによってより早く下痢の症状をおさえられます。
もし数時間たっても下痢がおさまらないようであれば、「ロペラミド」などの止瀉薬(ししゃやく)を服用すると短時間で楽になれます。

下痢で最も気をつけなければならないのは、脱水症状ですので、十分な水分補給を心がけましょう。また、水分は少量の糖分と塩分を含んでいるものが最も吸収されやすいので、スポーツ飲料やレモネードなどで効率的に水分摂取しましょう。

嘔吐などの症状が出たらすぐに病院へ

急な下痢の場合、風邪やインフルエンザなどウイルスによって起こる下痢もありますが、発熱を伴ったり、嘔吐する場合は、「サルモネラ」「病原性大腸菌」「ノロウイスル」などの細菌による感染が疑われるため、すぐに病院で診察を受けましょう。

嘔吐がなくても数日以上下痢が続く場合には、別の病気を引き起こしている可能性がありますので、病院での診察を受けましょう。また、便がタールのように真っ黒であることや、便に血が混ざっている場合も病院での診察が必要な症状といえます。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。