便秘解消スッキリ生活トップ > 過敏性腸症候群過敏性腸症候群の対策・予防

過敏性腸症候群の対策・予防

病気を理解することが対策となる

わたしたちの体に起こりうる全ての病気や障害と同様に、過敏性腸症候群も症状の重さと症状の状況によって治療法が変わってきます。過敏性腸症候群の人の多くは、自分の体で起きている異変や、自分がどのような病気なのかを判断できず、軽いパニック状態である場合があります。そのため、どうしてそのような症状を起こすのか、病名は何なのかを病院で説明してもらうだけでも症状が軽くなる傾向があります。

つまり、過敏性腸症候群のしくみを理解することは、「おなかの調子が悪くなる→重大な病気じゃないかと不安になる→おなかの調子が悪化する」という悪循環を断ち切り、症状を落ち着かせる効果も期待できるのです。

過敏性腸症候群の予防方法

特定の食べ物や飲み物のよって、過敏性腸症候群の発作を起こす場合は、症状を悪化さる危険性があるため、食生活を変えるもしくは、症状が軽減するまで制限する必要があります。
これは非常に高い効果を生みますので、ぜひおこなってください。

便秘の症状がある人は、膨満感が生じない程度に、普段から食物繊維を豊富に含む食品を食べるといいでしょう。また、コーヒーなどカフェインを含む飲み物は、神経系を刺激しする飲み物ですので、控えるようにしてください。腸も神経によってコントロールされているため多大な影響を与えます。

便秘の症状がなく、下痢の症状のみがある人は、小麦や乳製品など、日常の食べ物に体が反応している可能性があります。しかし、原因となっている食品を自身で特定するのは困難なことなので、思い当たる食品がある場合は栄養士に相談してみるのもいいでしょう。

過敏にならないこと

重症でない限り日常生活に困ることはまずありえませんので、症状が心配だからと部屋にこもったりせず、なるべく活発的に動きましょう。適度に体を動かすことで気分転換にもなりますし、原因となっているストレスの発散にもつながります。

スポンサードリンク


Copyright (C) 便秘解消スッキリ生活 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。